審美歯科と機能的歯科

最近、耳にするのが審美歯科です。審美歯科と機能的な歯科には、どのような違いがあるのでしょうか。

通常の歯科の役割は、機能性を重視します。1本でも歯を失うと肩こりや頭痛、上手に笑えない、食事の面での不自由さ、伴うストレス…1本の歯でこんなに変わるのならもっと大事にしておけば良かったと思う人も多いでしょう。しかし、後悔しても失った自分の歯はもう取り戻せません。保険適用内での治療や材料で自分の歯のようにこれまでと変わらずにしてくれるのが、機能的な歯科です。但し、機能性を重視しているので笑ったら金属が見えたり、時間と共に歯が変色するので見た目は重視されていません。

一方で、機能のみならず見た目の美しさも追求するのが審美歯科の役割です。いわば歯のエステになりますが、通常だと保険適用内での治療になっていたものが審美歯科の登場により、保険適用外であっても要望があれば歯も美しくします。審美歯科で行う治療は、ホワイトニング、オールセラミック等があり、保険が効かないので高額な費用がかかりますが、それでも歯を美しくしたいと近年では審美歯科の需要が高まっています。保険適用の素材もありますし、保険定期用外の素材もあります。

芸能人は歯が命、と昔のCMでも流れていましたが、TVや雑誌等でアップになった場合、歯が黄ばんでいたらイメージが変わるでしょう。白い歯、それだけでイメージUP、顔も若々しくも見えます。芸能人だけでなく、今では一般の方でも美しい歯を手に入れたい、そう思っているのです。

▽PICK UP
痛みの少ないレーザー脱毛を行う、良いクリニックを見つけました >>>脱毛
上記が合わない人のために、脱毛のランキングサイトも見つけておきました >>>脱毛ランキング